ガラスペン4 − 佐瀬工業所

スポンサードリンク
東京で唯一ガラスペン製造を行っている、ガラスペンのパイオニア的な存在と言えるのが佐瀬工業所。現在のご主人である佐瀬勇氏は、ガラスペンの発明者である佐々木定次郎氏から直接技術を学んだ先代、佐瀬米蔵氏の技術を受け継いで今日に伝えています。

佐瀬工業所で製造されるガラスペンは多彩なのが特徴で、芸術品とも言える軸からペン先までが一体となった”ひねりガラスペン”はもちろんのこと、発明当時のガラスペンと同様の商品である竹軸のガラスペンをラインアップに加えているのが特筆すべき点。

軸に貼られたラベルに、ノスタルジックな書体で「平和萬年筆」と銘打たれているのが、旧き良き時代の雰囲気を醸し出しています。太字、中字、細字の3本がセットで揃っているというのも、とても実用的ですよね。

また、ペン先が換えられるようになっているセルロイド軸のものもあって、こちらも太字、中字、細字のペン先がセット。しかも、ペン先を軸の中に収納することができるようになっているところなんかは、ちょっとした遊び心があるようで、妙に嬉しくなってしまいます。

ガラスペン発明当時から全盛時のオリジナル仕様を大切にしたガラスペンを作り続けながら、新しいガラスペンの創出(ひねりガラスペンも、1995年に国産では佐瀬工業所が初製作)を手がけている佐瀬工業所に、今後も大いに期待したいところです。

ガラスペン3 − 菅清風

スポンサードリンク
京都は北白川のガラス工房で作られ、日本を代表するガラスペンのひとつとなっているのが菅清風(かんせいふう)のガラスペン。このガラスペンは世界で唯一、加工の難しい硬質ガラス(耐熱ガラス)を使ったガラスペンということでも有名です。

60年余の長きに渡って、ガラス職人として技を磨いてきた菅清風氏の硬質ガラスへのこだわりは丈夫でペン先が磨耗せず、万年筆に劣らない滑らかな書き味を実現し、さらにはインクだれすることなく、細い線を描けるようにしたガラスペンの逸品を創出。

インクのもちが良く、インク壺に一度つけると、はがき一枚分程度の字が書けるといった筆記具としての特徴もさることながら、さざ波をイメージさせるデザインとなっているガラスペン全体が、まるで宝石のように、硬質ガラスならではのキラキラとした美しい輝きを放っているのも大きな特徴です。

女優の山口智子さんや黒柳徹子さんをはじめ、歌手の島倉千代子さんや氷川きよしさん、石原伸晃さんや田中眞紀子さんといった政治家、その他にも画家、作家など、多くの著名人が愛用していることからも、その質の高さをうかがい知ることができますよね。

現在、定番商品として扱われているのは、「白川」「雅(みやび)」「清風」の3点に、受注生産となる「大文字」「大文字(亀甲)」「術・極(きわみ)」「万年ガラスペン ぺんぺん」の4点を加えた計7点ですが、自分だけの特注品を依頼して作ってもらうことができるようになっているのも嬉しい点です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。